2021フードドライブ岩塚の妙行寺施餓鬼供養社会貢献食料支援「オスソワケ」

食料支援物資を寄付してきました。

今月もセカンドハーベスト名古屋さまに食料支援の物資を寄付しました。

お参りにこられた方のご寄付、郵送御朱印の方のご寄付でたくさんの食料のご寄付をいただけました。ありがとうございます。

また、先月は、amazonやヨドバシカメラから郵送でたくさんのご寄付もいただきました。ありがとうございます。

妙行寺からもお米10kgと大量のパスタを寄付いたしました。

妙行寺では引き続き食品支援物資の回収(フードドライブ)を行なっていきます。お寺にお持ちいただいても、郵送でも構いません。また、遠方の方、匿名で支援したい方はアマゾンの欲しいものリストからお寺に支援物資が送れます。ご協力よろしくお願いします。 https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/dl/invite/2iaT1Yf?ref_=wl_share

 

皆様からお預かりした支援物資をセカンドハーベスト名古屋さまに運ぶ前に、ご寄付をされた皆様の施餓鬼供養を行い、「貧困飢餓問題の解消・全ての人々が栄養ある食料を得られること」、皆様の先祖供養ならびに除災招福の御祈願の法要をを行いました。

【施餓鬼抱擁について】

仏教には餓鬼道という世界があります。生前の悪行により餓鬼道へ落ちると、餓鬼になってしまいます。餓鬼は常に飢えや喉の渇きに苦しんでいます、そういった餓鬼に食べ物などの施しを与えることを施餓鬼と言います。

お釈迦様の弟子の阿難(あなん)は、餓鬼に死と餓鬼道へ落ちると予告されます。驚いた阿難はお釈迦さまに相談します。お釈迦様の教えに従って、お経を唱えながら餓鬼に食事を施したところ、その功徳によって餓鬼が救われ、阿難も寿命を延ばすことができたのです。

食品を沢山お供えして、あらゆる餓鬼に施しをする。その功徳が施主や先祖にまで及び、先祖追善供養やご自身の功徳、ご利益を授かることになります。

これからも妙行寺はセカンドハーベスト名古屋さまを通じて食料支援活動を行なっています。
皆様のご協力、よろしくお願いいたします。

【食品寄付ご協力のお願い】

皆様、アンパンマンというキャラクターはご存知でしょう。
国民的キャラクターですね。
では、なぜ、アンパンマンが顔を人に差し出すかはご存知でしょうか?

アンパンマンと「正義」というテーマについて、やなせは端的に「『正義の味方』だっ たら、まず、食べさせること。飢えを助ける。」と述べている。 (Wikipediaより抜粋)

生きていくと辛いことはたくさんあります。その中でも飢えというのはかなり辛いものになるのではないでしょうか。

日蓮宗でもSDGsに取り組んでいます。SDGsの17の目標のうち2つ目は「飢餓をゼロに」です。私一人では支援をしてもほんの少しの助けにしかなりません。しかし、1人が2人なら、10人なら、100人なら……。助かる人が増えていきます。

わざわざたくさん買ってお寺に持ってくる必要はありません。 家にある食べないインスタントラーメンやレトルトのカレー1つで十分です。その「オスソワケ」で助かる人がいます。

これからも食料支援は続けていきますので皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

遠方の方、匿名で支援したい方はアマゾンの欲しいものリストからお寺に支援物資が送れます。よろしくお願いします。 https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/dl/invite/2iaT1Yf?ref_=wl_share