御首題・御朱印・祈願の郵送対応について

投稿日:

新型コロナウイルスの影響で、日本国内はおろか世界中が困惑、疲弊しております。
通常、御首題・御朱印や御祈願というのは、特別な事情がないかぎり参拝をしてこそのもので、郵送にて送ることではないと考えておりました。
しかし、このような情勢で参拝したくても外出ができないという方々が増えてきています。
また社会に閉塞感があふれ辛いという声も聞こえます。

そこで、妙行寺では、御首題・御朱印・御祈願の郵送対応を致すことにしました。
御首題・御朱印・御祈願をすることで明るい気分になれる人がいるのならば幸いです。

下記ページにて郵送対応についての注意事項を記載しておりますので、確認の上ご連絡ください。

御首題・御朱印・祈願の郵送対応について

新型コロナの話

投稿日:

新型コロナウィルスの猛威が世間の話題を独占しています。
人類は伝染病に昔から脅かされており、科学や医学が発達した今日でもその脅威を消し去れません。

日蓮聖人がご存命の鎌倉の時代も疫病が蔓延して多くの人々が命を落としました。
当時は神仏に祈るのが最善の方法だったかもしれません。

現在はすすんだ医学や科学があります。身体の問題は医学や科学で、心の問題は神仏にお祈りしたりすることで少しでも平穏な日々が過ごせればと思います。

”根深ければ 葉枯れず”  『窪尼御前御返事』

私たちは花や葉につい目が行ってしまいます。しかし、綺麗な花、元気な葉はどっしりとした根っこがあればこそです。
暗い話、つらい話をばがりの昨今ですが、いまは根をしっかりと深くはり、新型コロナが収まったら綺麗な花をさかせましょう。

 

3月11日になると思い出すこと。

投稿日:

私の大先輩が東日本大震災のあと、数週間後に自分の車で寝泊まりしながら唱題行脚を宮城県でされていた。

行脚の途中、小さな子供を亡くされたお母さんに出会った。

その時に先輩は普段は”仏教における死は悪いものではない”と話されるそうだが言葉につまってしまったそうだ。

「何を言えばいいのだろうか」

結局、答えはでず、手を合わせお題目をお唱えするしかできなかった。

 

先輩は「もっと勉強をしないといけない」とはにかみながら話されていたのが忘れられない。

 

さて、今の自分なら何ができるだろうか。

僧侶として、人として、人の為に何ができるか。

もっともっと勉強をしないといけない。

春季彼岸会のお知らせ

投稿日:

新型コロナウイルス感染拡大防止ため、春季彼岸会は参拝者なしで執り行います。

お越しにならないようご注意ください。

法要は例年とおなじく行いますので先祖供養をご希望される方はお塔婆によるご供養をお受けしますのでご連絡ください。

20日のお墓経は通常通り行います。

あおり運転の話

投稿日:

最近、ニュースで良く見るあおり運転。

いやがらせだけでなく、暴力をふるうなどこれはもはや傷害事件です。

あおり運転をしたところで、目的地に到着する時間は大差ありません。

町中なら信号でとまれば数m前にいるだけです。

しかし、少しでも前に行きたい。邪魔をされるとイライラする。

そんな気持ちになってしまうときの感情は焦りや怒りでしょうか。

 

天国(浄土)や地獄などの六道というのは私たちの心の中に存在していると日蓮上人はおっしゃっています。

あおり運転をする人のこころは六道の一つ、修羅界に支配されているのでしょう。

 

あおり運転にかぎらず焦りや怒りを感じたら、心を落ち着けましょう。

大きく呼吸をして、自分を褒めてみましょう。

他人と争うのではなく、自分のうちなるものに勝つ。その為に、自分ができていることを褒める。認める。

「あいつのせいで、自分が不利益を被っている!」ではなく、「こういう状況でも冷静に判断している自分、えらい!」

と思もえれば、また一つでなく、たくさん自分を褒めて上げられればより心が穏やかになりますよね。

焦りや怒りを感じたときは、まず自分で自分を褒めてみてください。

お盆にお爺ちゃんの霊が帰ってくるなら……

投稿日:

お盆なので棚経で檀家さんの家を回っています。

親戚が集まっていた、ある家でのできごとです。

そこに来ていた小学生ぐらい男の子から聞かれた質問です。

『お盆にお爺ちゃんはどこから帰ってくるの?おじいちゃんはソコにいるんでしょ?』と仏壇を指さしながら言うのです。

そういえばそうだなという顔で皆がこっちを向きました。

「おじいちゃんは亡くなって、今は仏さまのところにいるんだよ。仏さまのいるところは遠いから、お寺とテレビ電話で繋がっているんだよ。〇〇くんの家の仏壇はお寺の小さい版だよ。」

『なら、今日はいっぱいお参りしておくね!!僕の家にも来てくれるように、お家も教えてあげる』

〇〇くん、今日はいっぱいお参りしてもらってお爺ちゃんも嬉しいと思うよ。

 

ゴジラと戦争の話

投稿日:

みなさん、ゴジラは知っていますよね?そう、あの怪獣王です。

一番初めのゴジラが公開されたのは1954年です。第二次世界大戦が終わってまだ10年もたっていない頃なんですね。

リアルタイムで戦争を知らない我々にはピンとこないのですが、当時の人はとても怖かったらしいです。

「また疎開か」というセリフがあります。10年もたたないだけに戦争の記憶はまだ生々しく、暴れるゴジラをアメリカ軍による空襲とイメージを重ねている人も多かったのではないでしょうか。

 

我々にはフィクションの世界でしか見たことがない、破壊つくされた町が74年前には実際にあったのです。

名古屋も名古屋空襲で焼け野原になったと聞きます。

先の戦争で多くの方が亡くなっています。

身内がなくなった人もいるでしょう。しかし、今、我々はアメリカを嫌っていますか?怒っていますか?

私たちはアメリカが嫌いなのではなく、戦争が嫌いだと思っているはずです。

「怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息むことがない。」とお釈迦様がおしゃっています。

怨みに怨みで返していたらその怨みの応酬はつきないということです。

今、平和なのは先人のおかげです。いろいろ思うことはあっても怨みをださずに今の平和の時代を築いてくれました。

 

戦争で亡くなった人だけが戦争の被害者ではありません。アメリカ人など外国の人も含む戦争の時代に生きていた人すべてが戦争の被害者なのです。

お盆ですから、ご先祖様に手を合わせる機会もあると思います。ご先祖様のおかげで今の平和があります。手をあわせながら平和に感謝してみてください。

 

平和に感謝して、怨みを捨てる事で、あなたが次の世代の平和を作るのです。

 

おばけの話

投稿日:

このブログを書いている7月26日はお化けの日らしいです。

みなさん、オバケ化けは信じていますか?

ぼくは小さな頃、よくお祖母ちゃんの家に泊まりで遊びにいっていました。
お祖母ちゃんの家は都会育ちのボクからすると楽しくて仕方ないぐらい自然があふれる場所にあります。
山や川など外でも遊べたし、家も大変ひろく子どもにとって遊び場に困らないぐらいいい場所でした。

そんなお祖母ちゃんの家ですが、一つ困った事があったのです。

家が広すぎてトイレが遠いのです。

昼間は明るいから全然怖くないんです。けど、夜になると急に怖くなるんですね。

トイレに行くまでは裸電球の明かりしかなく、薄暗い中を歩いているとオバケがでるんじゃないかと不安でした。

オバケというと、白い服をきて頭に三角をつけて(天冠といいます)、「うらめしや~」です。

何がうらめしいのか、なぜさまよっているのか。

けれども、よく考えてみてください。亡くなった方は霊山浄土にて安らぎを得られているはずです。

では、なぜ怖いのか。オバケだと思うのか。

それは自分の心を映し出しているのです。自分の心の迷いを象徴的にあらわしたのがオバケです。

心の迷いは人がもたらすものではありません。自らの心の迷いで苦しむのです。

心の迷いはなかなか気づくことができずつい簡単だから外に理由を求めてしまいます。
しかし、お釈迦さまの教え、法華経の教えを少しずつ理解していけばいつか心の迷いに気づくでしょう。

今まで外にしか目をむけていないのなら、一度、内に目を向けてみてはいかがでしょうか。

お盆の始まりは?

投稿日:

お盆って何か知っていますか?
先祖供養をする数日間ぐらいのイメージはあるでしょうか?

ではお盆がなぜ始まったか知っていますか?

日蓮聖人は「四條金吾殿御書」にて下記のように言われております。

抑々(そもそも)盂蘭盆(うらぼん)と申すは、もと目連尊者(もくれんそんじゃ)の母 青提女(しょうだいにょ)と申す人、慳貪(けんどん)の業によりて五百生餓鬼道(ごひゃくしょうがきどう)に墜ち給ひて候を、目連救ひしより事起こりて候。

【意訳】
そもそもお盆は、釈尊の十大弟子の一人で神通力をもった目連尊者の母親である青提女が、生前に托鉢で訪れた釈尊に食べ物があるにも拘わらず、「さしあげるものがない」といって御供養をしなかった結果、「慳貪の罪」により五百回生まれ変わるほど長い間、飢えと渇きに苦しむ餓鬼道に墜ちていたのを目連尊者が救ったことが始まりです。

盂蘭盆(お盆)は、お釈迦さまのお弟子の目連さまが、死後餓鬼道に堕ちてしまった母親を救う供養の姿から始まりました。それが日本に伝わり、推古天皇の頃に、宮中の行事となり、やがて寺院の法要となり、のちに一般化されて現在の供養の姿になりました。

供養とは、花や物だけではありません。心や姿も供養です。合掌されて死者は安らかになり、生者は穏やかになるのです。これがお盆です。

7月8月の御朱印【追記あり】

投稿日:

7月、8月はグラデーションの御朱印となります。
夏を緑、さわやかさをイメージした御朱印となります。

通常の御朱印・御首題の他に、季節ごとの色の御朱印と毎月1日はお祀りしている最上稲荷さま(最上位経王大菩薩さま)にちなんだ金の御朱印をご用意しております。

法務などで留守にしている場合がございますので、必ず下カレンダーをご確認・ご連絡のうえお越しください。
赤丸は御朱印対応可能日です。緑は留守にしている場合が多いのでご確認ください。平日も法務がなければ対応しますのでご連絡ください。

また、御朱印を頂く方は参拝をされると思います。お時間がありましたら妙行寺では一緒にお経をあげさせていただきますのでぜひ一緒にお経をお唱えしてみたり、他宗派の方は日蓮宗のお経はどのようなものか聞いてみてください。

くわしくは御朱印・御首題のページをご覧ください

【追記】

グラデーションではなく青色でも可能です。