ご葬儀

葬儀とは

葬儀は故人に引導を渡し、戒名を授け、『霊山浄土』まで送る儀式。

告別式は親族や知人が故人にたいして最後のお別れを告げる儀式。

現在は葬儀式と告別式を一緒に行う事が一般的で、それらを葬儀、告別式、お葬式などと呼んでいます。

 

葬儀のご依頼について

1)妙行寺にご連絡ください。急ぎの際はその場で葬儀の時間、会場をお伝えください。
2)葬儀会社にも連絡を入れてください。もしどこの葬儀会社へ連絡していいかわからなければご相談いただければ葬儀会社への取次もいたします。
3)枕経(お通夜の前に行うお経)にお伺いし、戒名、葬儀の時間など細かい打ち合わせをさせていただきます。
4)お通夜、葬儀を行います。
5)葬儀の後に火葬場から御遺骨が戻り、初七日忌法要を行います。

 

小さなお葬式

近年、ご葬儀をお寺のご本尊様のそばにてご家族のみのお葬式で行いたい方も増えて参りました。
家族葬やごく少人数のお葬式でお寺の本堂を用いることで経費を抑える事が可能です。
祭壇などは葬儀会社にご相談ください。

 

生前葬

生前葬とは、終活の一環として、文字通り生きているうちに自分の葬儀を行う事です。ご家族の死に直面した時、大多数のご家族は動揺し、頭の中が真っ白で、お葬式について冷静な物事の判断や行動ができなくなる事が多々あります。生前葬は、ご家族と打合せができますし、自分自身の意思を葬儀に反映することもできます。また残されたご家族に負担をかけたくないという考え方もでき、様々な理由から行われる方が増えつつあります。